高原のログハウス特集


奥様ご自慢のこだわりキッチン
画像説明文
土地選びもメーカー選びも即決。コンパクトながら変化に富む室内空間で 最もこだわったのは、アイランドタイプのキッチン。
極太の丸太でくつろぎのひと時
画像説明文
ログハウスに求めたものは「おおらかで力強い丸太に囲まれた、心からくつろげる空間」。紅葉を愛でながら、家族や仲間とバーベキューを楽しみ、語り合っている。
蒜山高原に建つセカンドハウス
画像説明文
自分の家は1つだけ、と決まっているわけじゃない。都心の便利な家と、自然に包まれた環境抜群の家、2つあったっていい。ログでダブルハウスの夢、叶えてみよう。
主人が選んだ本物志向の木の家
画像説明文
宇都宮市内から車で約30分。ログハウスがよく似合うロ ケーション。ご主人のログハウスへのこだわりと奥様のガーデニング好きが出会ってできた家。
緑と安らぎに包まれる家
画像説明文
京都は宇治市。京焼きなどの陶芸の工房が点在する炭山ヘ、志津川の流れをさかのぼって行く。 深い里山に悠然と姿をあらわすログハウス。
古民家の趣のナチュラル住宅
画像説明文
自然素材を多用した古民家風住宅。破風・鼻隠しに、内装用の2色のシーダーシェイクを張ることで、個性を主張する山邊邸。
ログハウスが点在するはりゅうウッド村
画像説明文
自然林に囲まれた2段テラスでのどかな山里の風光に浸る南会津のマシンカットログ。大屋根と広いベランダが印象的なログハウスだ。
愛犬と過ごす夢心地の生活
画像説明文
「ここにログハウスを建てよう」 そう思ったのは、今から、2 年ほど前のこと。64歳でリタイアし、貯えは何か有意義なことに使いたい。ふいとログハウスの展示場に立ち寄ったところ…。
信州の自然に暮らすログライフ
画像説明文
自然豊かな信州の伊那地方にセカンドハウスを建てた竹原さん。この家が家族の絆をより深め、笑顔溢れる場となった。
個性豊かな角ログの家
画像説明文
熟練ビルダーのアイデアが、随所に生かされた角ログと、丸太のポスト&ビームとを組みあわせ、 個性的な家の表情を演出したことが大正解のログハウス。
富士山ログハウス物語
画像説明文
アウトドア大好きな一家がログハウスを建てる夢を見た。富士山が見える土地に移住した一家のログハウス建築物語。
自分で作ろうキットハウス
画像説明文
絶景ロケーションに完成した自信作。「完成してすぐのころはみんなに見てもらいたいと言う気ちが強かったですね」。
リタイアを機に自然の中で暮らす
画像説明文
焼物の里・信楽土地を求めより充実した生活。オープン空間のフレキシビリティーが、家族が増えたことにも十分対応し、今日も笑い声が満ちあふれる。
枝付き檜が迎える家
画像説明文
高知市街をぐるりと見下ろす山の上に建つログハウス。眺望をより楽しむため、庭 に露天風呂も作ってしまった。
囲炉裏を囲む理想の家
画像説明文
部屋の中央には囲炉裏がでんと据え付けられてあり、そのすぐ隣には薪ストーブがある大胆なログハウスはオーナーの一番 のお気に入りスペース。
週末だけを過ごす別荘ログ
画像説明文
広くした明るい採光のリビング。そして薪スト ーブ。一番のお気に入りは飛び出た間取りとなっているお風呂。
音響効果抜群の広々とした家
画像説明文
設計に関して数え切れないほどの注文を出した というオーナー。特にこだわったのは「体育館のような家」への思い。 狭い家に暮らしていた子供のころからの夢だ。
雰囲気があるチンクダブテイルの家
画像説明文
日本ではめずらしいダブテイルノッチとチンキングで仕上げたこの工法は、くるいがなく気密性の高いものになることが最大の特 徴だが、デザイン的にもかなり印象的だ。
野性味あふれるハイブリットログ
画像説明文
外部に突き出させたフロアビームに取り入れたビーバーカット(ログの端を鉛筆のように尖らせる)も日本ではあまり見かけないも ので、いい感じだ。
団塊世代のログライフ
画像説明文
「朝日が山々を照らしながら昇っていく、その刻々の変化をこのデッキから眺めるのがいいんですよ」とオーナー。
家族と作ったハンドカットログハウス
画像説明文
作業はまず周辺を整地することからスタート。道路から家へと通じる道を整備した後、周囲にはうっそうとした雑木林が広がって いたため、それを切り拓くことからはじめた。
ソーラー発電ログでエコ生活
画像説明文
屋根には太陽光パネルを設置。また水道も引ける土地ながらあえて井戸を掘り、電気代や水道代を節約できるエコロジー住宅を満喫。
平屋タイプを選択した別荘空間
画像説明文
「田舎暮しのきっかけは小学時代の疎開生活。そこでの生活が忘れら れず、いつかは田舎暮らしをしたいと思っていたのだという」オーナーの竹原さん。
山の近くに建てた念願のログハウス
画像説明文
「いつかは山に住みたい…それがきっかけだった」、主人が山の近くに住みたいと言ったときに、木の家に、ログハウスにと形に なっていきました」と話す奥様。
山里の風景に溶け込むログハウス
画像説明文
東京に勤務のご主人が、のどかな山里が広がる由布市に約360坪の土地を購入。夫婦で田舎暮らしを謳歌するログライフを実現。
やる気があればログハウスは造れる
画像説明文
長野県蓼科の美しい自然に抱かれた場所に、出来たばかりのログ八ウス。オーナーさんは定年退職を期に、諏訪湖にほど近い旧宅から、この見晴らし抜群の地に移ってきた。
都会を離れて 自然の中で暮らしたい
画像説明文
「大自然と触れ合える生活に憧れていました。そして自然の中で暮らすには やはりログハウスがI番いいと思っていました」そうおっしゃる中元さんは2012年3月に念願だったログハウスを栃木県那須に建てた。
鉛筆描きのスケッチが第一歩
画像説明文
高原リゾートに開かれた、田舎昜らし定住型分譲地「星の里いせき」。高橋さんが、ここに移住してきたのは、ログハウスを建て、自然に囲まれた日々を送るため。
住宅でありながら別荘の雰囲気
画像説明文
高原リゾートに位置する、田舎暮らし定住型分譲地「星の里いせき」に足を運ぶと、ウエスタンログホームカンパニーが手がけたモデルハウスを見ることができる。
海外の湖畔に建てられたかのような家
画像説明文
沼畔に建てられた平屋ログはビックボックスのベルト(畑)をアレンジした1LDK 夕イプ。土地自体に盛り土をした土台の上に建てられているので視界が広がり景色もよく見 える。




このページの先頭へ